歴史

歴史

20世紀の前照灯自動切替装置

1950年代から1960年代にかけて、前照灯のハイビームとロービームを自動で切り替える ”前照灯自動切替装置” が世間の注目を集めました。国内では1960年代に多くのメーカーが競って実用化したものの、性能不足と販売不振で姿を消すことになりました
歴史

PACKARDのライティング技術

20世紀前半の米国の高級自動車 PACKARD について、搭載された灯具やヘッドライトを調べてみた
歴史

BMW vs アウディのレーザーバトル!

BMWとアウディはレーザーヘッドライト世界初の座を巡り、2014年にメディアを巻き込んで先陣を争いました。先にBMWが限定8人の特定顧客に納車しましたが、その後は供給が続かず、遅れてレーザーハイビームを一般に継続販売したアウディが世界初として認知されています。
歴史

ロービームでもハイビームでも無い、第3のビーム「ミドルビーム」の歴史と今

ロービームとハイビームの中間を狙う第3のビームとして、古くからミドルビームの研究が行われてきました。その多くは技術課題を抱え、普及には至りませんでしたが、現在はADB(配光可変ハイビーム)が視認性向上と眩惑低減を両立可能な現代版ミドルビームとして期待されています
歴史

市光工業 VERIAS「LEDデイタイムランプ」は、スーパーフリッカーで明るさアップ

光度のチラつきを利用して明るさ感を増大させた、車検対応の後付けLEDデイタイムランプ・キットです。市光工業が2002年に販売を開始しました。製造元は神奈川のMIC-WORKS社になります。
歴史

現在も異彩を放つ日産シーマ 「ガトリング・ビーム」について

スタンレー電気が2001年に実用化した、7つのレンズを持つガトリング・ヘッドランプについて語ります。当時はレンズが1つあることが当たり前で、初めて日産シーマに搭載された時は、その見た目のインパクトが話題になりました。