ライト業界

ライト業界

2010年代、総合電機メーカーによるヘッドライト開発は今どうなっているのか

シャープ、パナソニック、三菱電機によるヘッドライト開発は現状道半ばです。理由は自動車部品の商習慣や複雑な配光法規などが考えられますが、Tier1であるライト御三家に対して、3社は主導権を握ることが難しいと考えているようです。
ライト業界

グローバルな存在感、日本のライト御三家について

日本のライト製造の大手3社をライト御三家と呼び、グローバル市場の約1/4を3社で占めています。市光工業は日産と、小糸製作所はトヨタと、スタンレー電気はホンダと関係が深く、いわゆる系列企業になります。
ライト業界

LEDヘッドライトの ”世界初” をめぐる小話

LEDヘッドライトを世界初で実用化したカーメーカーはレクサスですが、当初、アウディが世界初を主張していました
ライト業界

技術開発競争の先陣争い

”世界初の新技術” はエンジニアの1つの夢ですが、近年はクルマがネット販売されるようになり、世界初のタイミングが何時なのか分かり難く、新技術の検証も難しくなりつつあります。