HIDの配光揺れに気が付くトラックドライバーとレーシングドライバー

ライティング

 HIDは素晴らしい光源ですが、発光部が動くことで ”配光揺れ” が生じる弱点がありました。HIDの発光アークは電極間で発生する放電プラズマであり、高温で軽いプラズマは発光管内部で上側にバナナ形状に曲がります。発光アークはカーブで発生する横Gに対して反対方向に曲がり、凸凹道では上下振動に対して上下に動き、配光全体が上下に0.2°~0.5°ほど揺れ動きます。ハロゲンやLEDは発光部が固定されているので配光が動くことはありません。                                                                                                                                

HID発光部アーク 長さ4.2mm      Source ; OSRAM GmbH

 HIDの配光が揺れ動く時は、車体と身体に振動や加速Gが加わっている状況なので、そこで少しの配光揺れ(0.2°~0.5°)が生じても気付く人は殆どいません。ところが、その僅かな揺れに気付く方々がいます。トラックドライバーとレーシングドライバーです。

 大型トラックのドライバーは夜間走行時間が長いという事もありますが、アイポイントが高いので路面上の配光揺れが目立って見えてしまうのです。特にヘッドライトがシャーシ側に装着されている場合は、キャビン側と比較してヘッドライトに伝わる振動が大きく、配光揺れが増大する為、気付く人が増えてしまいます。配光揺れを異常として捉えた方は、ヘッドライトがしっかり固定されていないと思われるようで、ライトの ”取り付け不良” のクレームが多くカウントされていました。

HID発光アークと配光の ”揺れ”

 レーシングドライバーはトラックとは逆にアイポイントが低く、配光揺れに気付き難いハズですが、4Gを超える前後左右の加減速Gと、優れた動態視力で配光揺れに気付いてしまうようです。以下は2011年にレーシングマシンで初めてLEDヘッドライトを搭載した「Audi R18 TDI」のレーシングドライバーのコメントです。

“The light is stronger and vibrates less than a normal headlight – this is a clear advantage and particularly at Le Mans, a track that has many dark braking points in the night.”
「通常のヘッドライトよりも光が強く、振動が少ない。これは明らかな利点であり、特に夜間に暗いブレーキングポイントが多いサーキットであるル・マンでは顕著だ。」

Source ; Audi media center

Source ; Audi media center

 夜間300km/h超の速度で運転されるル・マン レーサーの言葉には重みがありますね。配光が揺れないというのは当たり前のようですが、レースでは安定した視界を確保し、長時間運転されるトラックドライバーの安心快適にも貢献しているようです。

 余談ですが、R18 TDIのLEDヘッドライトに対して自分は最初、「レーシングカーにLEDヘッドライトは重すぎないか?」と疑問を抱きましたが、実際のライトは大変軽量に作られていました。ボディはFRP製で、走行風によるLED冷却構造でヒートシンクは廃止され、見た目は巨大なライトですが1kg程度しかありません。一般的なLEDヘッドライトが4~5kgもあるので、その重量差に驚いた記憶があります。

 2011年当時、LEDヘッドライトは明るさ不足と放熱部材の重量増で苦労していた為、明るくて軽いLEDヘッドライトを想像できなかったのです。”レースで技術は鍛えられる” という言葉がありますが、”ヘッドライトもレースで鍛えられる” ことを学ばせていただきました。

タイトルとURLをコピーしました