ファーウェイ AITO M9 「XPIXELライト」は路面描画に工夫あり

LED

 2024年1月4日発表の ”AITO M9” は、中国通信機器大手 ”HUAWEI” と賽力斯集団 ”SERES” が共同開発したBEVであり、問界 ”AITO” ブランドのフラッグシップとなる高級SUVです。

   レスポンス    名実ともにファーウェイカー「AITO」に?
   ヤフーニュース  ファーウェイ、新型EV「問界M9」を発表

 ヘッドライトには130万分割の高解像ADBモジュール「XPIXEL」が搭載され、対向車だけを正確に遮光する常時ハイビーム機能の他に、路面に文字や記号などのパターンを投影することができます。ライトメーカーは常州星宇車灯(Xingyu)です。

Source ; Aito auto

 昨年12月26日開催のHUAWEIプレゼンテーション動画では、ヘッドライトの説明に多くの時間を割き、高い性能と有用性をアピールしています。

左から「高精細ADB;XPIXEL」、「ハイビーム」、「ロービーム」

XPIXELパーツ展開図、レンズは舜宇光学製
特長は高解像度と車両近傍投影(3m、他車は7m)

XPIXELモジュール内部の光線経路 ; LED ⇒ 反射鏡 ⇒ DMD ⇒ 投影レンズ
特長は対向車の遮光精度(0.02m、他車は2mで差は100倍!)

対向車の遮光イメージ
長所は少ない遮光マージン(対向車の車幅+1.2m、他車は+3~10m)

Source ; Youtube Gear Musk

 中国で130万分割ADBを採用したカーブランドは、長城汽車(Great Wall)、華人運通(Human Horizons)、智己汽車(IM Motors)に次いで4番目です。4ブランドともに米国テキサスインスツルメンツ社が独占供給するDLP(デジタルライトプロセッサー)を用いるので、ADB照射性能では差がつきません。そこでM9は差別化のために可動ミラーを追加し、車両のすぐ手前から路面描画を行えるように工夫しています。

XPIXELモジュール・可動ミラー   Source ; Youtube HiCARS

 130万分割ADBは光の利用効率が低い為、明るさを確保しようとすると照射範囲を広げることができません。照射方向は略水平なので車両のすぐ手前には光を配分できないのです。

 そこでXPIXELの前に可動ミラーを追加し、車両手前の路面に何か文字や記号を投影したい時は、ミラーを斜めに立ち上げて光を上方に反射し、上方の別のミラーで車両手前の路面を照らします。M9は光学モジュールがライトの奥に配置されており、角度的にも車両のすぐ手前を照射することは出来ませんが、可動ミラーを使うことで問題を解消しています。

XPIXEL可動ミラーのイメージ

 車両近傍に路面描画を行うメリットは、車両近くにいる歩行者や自転車に注意喚起を行えることです。デモ動画では ”将来シナリオ” ですが、 ”自動運転中” の文字を道路上に投影しています。有用な機能かどうかは実車を見ないと分かりませんが着想は面白いと感じました。

Source ; Aito auto

 日本では中国について経済停滞やEVバブル崩壊等が報道されていますが、M9を見ると技術や機能を追求するエンジニア魂は健在です。高機能すぎるヘッドライトの必要性については議論の余地がありますが、中国ではカーメーカーとライトメーカー、そしてファーウェイやシャオミー等の情報通信企業が一体となったモビリティ革命への挑戦が続いていることは間違いなく、グーグルやアップルが目指していた次世代のモビリティ社会を早期に実現してしまうかも知れません。

 日本は半導体や家電が衰退し、自動車産業が最後の屋台骨と言われています。関係省庁や企業経営者には将来を見据えた施策と未来への投資をお願いしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました